« Home »

長持ちさせる

歯のインプラント治療は、歯の決定版的な治療方法になってきています。
歯が抜けてしまっていましても、
自分の歯がまたはえてきたような感覚のものになっているのです。
将来的には多くの方がインプラント治療を受けるような時代が来ているということも、
いえるのではないでしょうか。
ただし問題はインプラントがどれくらい持つのか、ということです。
インプラントの歯はもちろん永久に持つというものではありません。
かなり使用頻度も高くなりますので、その点は難しい存在になっているのです。
まずはのかぶせもの部分は、
かなり早く取り換える必要があるということは理解してください。
5年から10年といわれています。
問題はインプラント部分です。
インプラント部分の耐用年数はクリニックによりましてかなり考え方が違います。
10年程度としているところもあれば、20年としているところもあります。
実際のところなのですが、とにかくメンテナンス次第です。null
渋谷などの技術力がしっかりとしているインプラントクリニックでしたら、
インプラントを入れる時もしっかりと長持ちさせることを考えて施術を行ってくれます。
そしてそれだけではなく、日ごろのメンテナンスにも力を入れてくれています。
とにかくインプラントを長持ちさせるためには、いいクリニックを選んでいくことです。
メンテナンスにも力を入れているクリニックを探しましょう。
渋谷などは特にそういったクリニックが多いので安心して活用してみるべきです。